寸胴体型になる姿勢

寸胴体型を作る姿勢って?

寸胴体型,姿勢

 

寸胴体型を作る姿勢を紹介してみますので、寸胴体型にならないための参考にしてみて下さい。

猫背

寸胴体型,姿勢

 

いまどきは、女性の方が背が高いカップルだっていっぱいいます。せっかくのすらりとしてきれいなのですから、猫背になるのはもったいない。そうでなくとも姿勢が楽だからと猫背が習慣になっている方は多くいます。

 

壁に沿って立ってみてください。背中は壁についているにも関わらずひじがつかないという方や、後頭部や肩甲骨はつけようと意識しないと壁にくっつかないという方は、いつも猫背でいる証拠。意識して改善しなければなりません。

 

この姿勢が楽なのは、お腹や背中・お尻の筋肉が使われないから。逆に言うと、猫背の人は常に部分的な筋肉が緩みがちになっているということ。そのため寸胴体型になりやすいのです。

 

筋肉が使われずにいると代謝が悪くなり脂肪が燃焼されず、お腹や背中周りに脂肪が蓄積される一方です。バストも垂れ下がってきますし、肩こりや頭痛が慢性化しているのも、もしかしたら姿勢が問題なのかもしれません。

 

それに、どんなに美人の人であっても猫背というだけで途端におブスに見えてしまいます。

 

美人度を上げるには姿勢の矯正から。どこで誰に見られているかも分かりません。普段ちょっとした場面で背中が曲がらずスッと立っている姿は美しいものです。姿勢美人を目指しましょう。

脚を組む

寸胴体型,姿勢

 

座っているときだって安心してはいけません。最近はデスクワークで一日中座って仕事をしているという方も多いですが、そんなときにずっと同じ脚ばかり組んでいるという方は要注意です。

 

骨盤の歪みや肩甲骨・背骨のずれを生じさせてしまいます。血液やリンパがうまく流れなくなるため、脂肪が付きやすくなってしまうのです。

 

それに、太ももの内側の筋肉が使われなくなり、骨盤も開きやすくなります。骨盤が開くとウエスト周りが大きくなってしまいます。やはり寸胴体型まっしぐらというわけです。

 

脚を組むだけでなく、座っているときに脚がパカーッと開いてしまっている方も要注意です。やはり骨盤の筋肉が緩んだままに。

 

時には少しだけ脚を組むこともあるでしょうが、できれば左右交互に組むようにしてゆがみが生じないようにしましょう。理想は脚を組まないこと。たとえ座っているときであっても 内腿やお腹・背中などに緊張感を持っておくようにしましょう。

 

日頃から意識していれば、電車の座席で仕事帰りに大またを広げたまま眠っていたなんていう恥ずかしいことは起こらないはずです。脚をしっかり閉じて、太ももの内側の筋肉に力を入れて座っていれば、すわり姿も美しく見えます。

あぐらをかく

寸胴体型,姿勢

 

椅子に座っているときだけではありません。ソファーや畳・フローリングの床に直接座る際にあぐらをかくという方はいませんか。あぐらというと男性のものということで、昔は女の子があぐらをかいていると母親に叱られたものですが、最近では気にせず男性の前でもあぐらで座っている子が増えました。

 

女性がだめなのは見た目が悪いからというだけではありません。もちろん、ミニスカート姿で下着が見えるのも気にせずあぐらをかくなんて、女性として最低の行為ですが、それだけでなく身体に良くないからこそだめなのです。

 

男性と女性とでは骨盤の作りが違っています。女性がやっていると骨盤にズレやゆがみが生じやすくなってしまいます。その結果、リンパや血液の流れが悪くなり、寸胴体型になってしまうのです。

 

なんとなく楽だからとやっている方も多いでしょうが、実は腰への負担が大きいあぐら。大切な腰を守るためにもやめておきましょう。

 

床の上では長座がおすすめ。始めは疲れやすかったり筋肉痛を感じることもあるでしょうが、慣れてくれば自然にキープできるようになるはずです。

 

もちろん、正座も良いのですが、ひざが悪い方はひざへの負担がかかるためやめておいた方がよいでしょう。

反り腰

寸胴体型,姿勢

 

立ったときに、お腹が突き出てしまい重心が後ろに行ってしまってませんか。壁に沿って立ってみると腰と壁の間に隙間が握りこぶし大できているためよく分かります。反り腰です。

 

重心がずれているためお腹の筋肉が緩みますし、腰への負担も大きいです。お腹がぽっこりしてきて、お尻も広がったり垂れ下がったりと寸胴体型をもたらします。

 

それだけでなく、腰痛や股関節痛・肩こり・坐骨神経痛・背中の痛みなどさまざまな症状が出てきてしまうのです。

 

基礎代謝も悪くなるため脂肪も溜まりやすくなります。O脚も悪化します。

 

見た目の悪さだけでなく、日常生活を送る上でさまざまな負担が起こる反り腰。背筋を伸ばそうと頑張りすぎていたり、ヒールを履くことでなりやすいです。まっすぐな姿勢を意識しながら歩くようにしましょう。

 

不自然な姿勢は見た目も悪いですし、健康面でもさまざまなトラブルをもたらします。

 

普段の何気ない行動の途中にパッと鏡を見てみてください。背中が曲がっていませんか。腰が反りすぎていませんか。それが周りの人が見るあなたの姿です。

 

一度習慣となってしまったものを治すのは大変なことでしょうが、美人への道も一歩から。意識して治してみてください。"

クビレニスタ骨盤ショーツの通販購入はこちら!トップページへお腹にくびれが欲しい方、効率よく骨盤ケアをつけたい方はトップページのクビレニスタ骨盤ショーツの詳細も確認してみてください。